個人の資産運用

資産運用と聞くと難しく感じるかもしれませんが、実はあなたのまわりでもたくさんの人たちが資産運用をしています。銀行に預けているだけでは、あなたのお金はいつまでたっても増えません。このサイトでは賢く資産運用してお金を増やす方法をいくつかご紹介します。

資産を分配する

資産運用を行う大きな理由に「リスク分散」があります。これは一か所にすべてのお金をつぎ込むのではなく、リスクの高さ、低さ、そしてそのリターンに応じて、異なる場所で適切な量の資金を運用することを意味します。資産は大きく分けて「債券」と「株式」があります。また通貨を考えると、国内の「円建て資産」と、海外の「外貨建て資産」の2種類があります。

リスクとリターンの関係

投資にはいつも「リスクとリターン」が存在します。「リスク=危険」というイメージがあるかも知れませんが、投資の世界でリスクとは「収益の変動幅」を意味します。

一般的には株式などに価格変動の幅が大きい金融商品は、元本を大きく割ることもあります。しかし。その半面大きな収益(リターン)を期待できるという可能性もあるのです。投資を始めるにあたって、このリスクとリターンの関係を理解することが大切です。