国債で資産運用する

資産運用というと、金融や経済の知識が必要な難しいイメージがあると思います。相場変動などで元本割れのリスクを持つなどマイナスなイメージを持っていないでしょうか?ここでは簡単に購入できてリスクも低い国債についてご紹介します。資産運用初心者の方でも気軽に始めることができます。

国債とは

国が発行している債券のことです。日本政府が資金調達をするために発行しています。つまり国債を購入することは、国に対してお金を貸すことで利益を得ることになります。

国債を購入する理由

それではなぜ国債がおすすめなのでしょうか?先ほど述べたように、国に対してお金を貸すからです。通常の企業であれば企業が破産する危険性がありますが、政府が借りた資金を保証してくれるため(日本政府が破綻しないかぎり)元本割れがありません。

また株式や投信信託のような相場変動リスクがありませんので、ローリスクで資産を安全に運用することができます。銀行預金は低金利が続き、0.001%程度の金利が多いですが、国債は金利を政府が保証しており、最低金利も0.05%となっています。最低購入額は1万円です。多額の資金を必要としないので資産運用のハードルも低めです。

国債で資産運用するデメリット

基本的に長期の運用を前提としていますので途中で換金すると「中途換金調整額」という一定金額が差し引かれてしまいます。なので満期になるまでは待つことが必要になります。国債での運用は満期までの運用と覚えておいてください。