株式で資産運用 – 株を始める方法

株というとリスクが大きいイメージがありますが、きちんと知識をもって運用すればとても賢い資産運用になります。ここでは初心者の方が株を始める方法をまとめます。

現物株の投資だけ

現物株投資は普通の株式投資です。もし10万円の資金があれば、10万円までの株式を買うことができます。これとは別に、信用取引や先物取引があります。これは自己資金の何倍という株式を買うことができる投資方法です。もちろん上手くいけば何倍もの利益を期待できますが、失敗すると自己資金を超える損失が出てしまうので、初心者は手を出さない方が良いです。

予算の上限、小額で始める

株式の資産運用には上限を設定しましょう。銀行の預金と違うので必要な時にすぐ引き出すことができません。場合によっては数年間そのままにしておくことで利益を得る場合もあるので、家計に影響がない範囲、具体的には銀行預金額の3割ぐらいを上限にしておくことをおすすめします。

こうすることでもし急なお金が必要になった場合は銀行預金を利用できますし、仮に株価が下がっても家計へのインパクトが少ないです。また初心者の場合は小額で始めることをおすすめします。先ほどと同じ理由になりますが、家計に影響しない範囲で影響することでストレスが少ないですし、下落時のロスカットの判断をしやすくなります。